MiLI Blog

エーリッヒ・フロム、フリッツ・パール、鈴木俊隆らが教えを乞うた伝説の講師、100歳の珠玉の言葉

2016年08月20日

10月22日(土)に開催される、昨年も大きな人気を博したセンサリー・アウェアネス

講師のリー・レサー氏は、センサリー・アウェアネスの伝説の講師シャーロット・セルバさんに45年間師事し、102歳のさいごまで教え、生き切った彼女を見届けました。
シャーロットさんの元には、多くの20世紀の知の巨人たちが教えを乞いに来ており、彼女の教えやあり方は20世紀のパラダイムに多大な影響を及ぼしたのです。

そのリーさんから、シャーロットさん100歳のワークショップの貴重なビデオをシェアいただきました。
100歳といっても、ビデオから気迫とユーモアのみなぎりを感じます。(そして10年ちょっと前のリーさんの姿も)
トランスクリプトを日本語訳と英語でお届けします。

滋味あふれるマインドフルな、センサリー・アウェアネスの世界を垣間見るかのようです。

(ぼくらしゃふぇきみこ)

===================================

「全ての瞬間が学びの瞬間」

私たちは皆、心から理解されたいと望んでいます。それは、どういうことでしょう?

そして人や状況に出会う時、私たちは起こっていること、話している相手、その人の態度、自分の対応などを本当に理解するためにオープンであるかどうか、感じることができます。
全ての瞬間が学びの瞬間なのです。
それは、習慣を野放しにする一瞬ではなく、学びの一瞬であり、この世界で生きるにあたって、そしてこの世界に生きるために私が必要であると感ずることを行う、新しい可能性をはらむ一瞬です。
でもね、それは楽なことではないのです。
楽をしたければ、別の住所へ行きなさい。
真のつながりに近づきたいのであれば、ここに残ってもいいです。

ほら、人生で、ある人に何度も何度も会って、その人のことについて「ああ、この古びた靴(のような人)のことは分かっている、彼のこと、あるいは彼女のことはもう知ってるよ」などとは言ってはいけないですね。
このせいで多くの結婚が壊れています。
彼のことはもうわかっている―そんなこと誰が分かるでしょう。
彼女のことはもう知ってる、などと言いながら、実は分かっていないのですよ。
「分かっている」と思っているだけです。
ですから、私たちの行為、それを一緒に行っている人、そして目的・場所・その人――そういったことともっとつながれるかどうかを感じていくことは、人生に膨大な違いを生むことになるのです。

全ての瞬間が新しい瞬間です。
もし私たちにそのつもりさえあればね。
そして全ての瞬間が古びた瞬間にもなります。
もし私たちにそのつもりがあれば。
そして選ぶことができるのです。
何度繰り返そうとも、新しい瞬間として生きるということを。
新しい瞬間、新しいつながり、新しい友情を。新しい夫を。新しい妻を。
同じ人のことを言っているのですよ。同じ人であっても。

このことを話す時だけ、私の口に唾液があふれてきます。
あなたも?
問題は、瞬間瞬間、あなたが生きている今一瞬に、あなたの神経システムがもう少し目覚めるようにしてあげているかどうか。
私がこの瞬間にいる可能性、この人と共にいて、この場にいて、このタスクと共にいて、あれやこれやと共にある、そういう可能性が常にあるのですよ。
そして、あなたも可能性と共にあるでしょう。
それがどうあなたの人生に影響するでしょうね。
そしてできるだけ無邪気に試してみること。
経験のこの新しさを。
だんだんと、私たちは生き方を学んでいきます。
どうやって、この瞬間にあるかを。
そして私たちがこの瞬間にいない、内側の部分がそこから遠く離れている、と感じると、またこの瞬間に戻り、そしてこの瞬間と共にいることができるのです。
ですから永遠ということを言えるものは何もない。
私たちの内側すべてを変えられるのです。
それを感じましたか?
私たちはこのままでいると強制されているわけではないことを。
私たちは変わることができる、ということを。
それを感じましたか?
感じなかった人は?
怠けていてはいけません!

以下、ビデオよりのtranscript
Every Moment is a Moment of Learning

Everybody of us has a desire to be really understood. Who knows what I mean?

And when we meet people and meet situations, we can feel whether we are open for really understanding what is happening, and with whom we are speaking, and what the attitude of the person  is and how my response, every moment is a moment of learning. It is not a moment of growing habits, but a moment of learning, and a moment of a newness of possibility to live in this world and do what I feel is needed to live in this world. You know. It’s not comfortable. When you want to be comfortable, go to another address. When you want to come to closer to the real connection with things, then you can stay here.

In life, you know, so many, many times we meet people, and you meet a person and you would not say,  “Oh, I know this old shoe., you know. I know him already. Or I know her already. This destroys so many of the marriages. I know him already.  Who knows this kind of thing. I know her already. And yet, you know, actually you don’t know. You only think you know. So, to feel whether we can get more connection to what we are doing and with whom we are doing it, and to the purpose and the place and  the person, would mean a terrific difference in living.

Every moment is a new moment, if we allow it. You know. And every moment can be an old moment if we allow that. And you can choose, how you could live with allowing new moments, no matter how often you have to repeat yourself. A new moment. A new connection, a new friendship. A new husband. A new wife. I mean, the same person.  The same person.

My mouth waters when I am only speaking about it. Yours too? So the question is that you permit your nervous system a little bit more to be awake for the moments and moments and moments you live. You know and All the time this possibility for me being there in this moment, being there with this person, being there at this occasion, being there with this task, and being there and so on and so on.  And you would be there for it. How this would influence your life. You know. And trying it as innocently as you can. This newness of experiencing. By and by we learn how to live. How to be in the moment. And when we feel we are not in the moment, our inner is far away from it, that we can come to the moment, and can be there for a moment. So that nothing is so to say eternal. Everything is changeable in us. Who has felt that? That we are not forced to stay as we are. That we can change. Who has felt that? Who has not felt that? So don’t be so lazy!

=================================

◆10月22日(土) 身体知を使った最強のレジリアンス
センサリーアウェアネス ワークショップ

◆Googleで生まれ、世界のビジネスリーダーが実践する

【サーチ・インサイド・ユアセルフ】コアプログラム
10月15・16日東京、11月5・6日福岡

◆8月27日(土)マインドフルネス導入の日本企業担当者から聞く最前線
マインドフルリーダシップ・シンポジウム

◆各地でマインドフルリーダーシップセミナー開催
9月3日大阪グランフロント「グーグルのマインドフルネス・サーチインサイドユアセルフとは?」
9月21日福岡「マインドフルネスと感情のマネジメント」
9月27日東京「マインドフルライフの実現・わたしたちはなぜマインドフルネスをするべきなのか」

ブログカテゴリー

アーカイブ

参加者募集 マンスリーMiLI Monthly MiLI

参加者募集 企業向けプログラムのご案内 Enterprise program

THE HUFFINGTON POST IN ASSOCIATION WITH The Asahi Shimbun MiLIがハフィントンポストブログに執筆しています

MiLI Blog 社会と会社に気づきを与えるマインドフルブログ

MiLI facebook

講演・セミナー・取材・執筆等に関するお問い合わせ

マンスリーMiLIレポート Monthly MiLI Report

「会社を変えるマインドフルカンバセーション」パート14:吉田典生 2015.2.19

1月はMiLIのメンターでもある藤田一照老師によるイマーション開催のため、今回が2015年の初マンスリー。長年エグゼクティブコーチ、組織コミュニケーション開発に携わってきた吉田が、マインドフルネスを...もっと読む

top