社会と会社を 変える マインドフルリーダーシップ

一般社団法人 マインドフルリーダーシップインスティテュート一般社団法人 マインドフルリーダーシップインスティテュート

f

マインドフルネスとは

禅と経営

2013.12.19

DSC_0183

日経ビジネス最新号の特集は『禅と経営』

記事は読んでいただくとして、

もうずいぶん前にお亡くなりになった毎日新聞の名物記者、

佐藤健さんにお話を聴いたことがあります。

彼は宗教問題などを手がけた第一人者で、

取材が高じて禅修行を行い僧侶の資格まで取った方でした。

そのときの体験をうかがうなかで、

いちばん印象に残っているのが、厳しい修業を終えて部屋から出てきた瞬間の話。

「庭の木の葉っぱが、その緑が光っていたんですよ。

雨露の一滴一滴までが、それはもう光り輝いていた・・・」

体験をメタファとして語っているのではない、

それをはるかに超越したリアリティ。

この話を、さいきん思い返しています。

30代前半だった当時の私には、

そのリアリティの正体が理解できませんでした。

なぜ、自分がリアルに感じているのかがわからなかったのです。

今は、なるほどそういうことかと。

「今、ここ」に浸りきる注意力、そこから立ち上がる自己認知。

それは人間離れした特殊な能力を身につけるといった、

ある種のオカルト的な話ではありません。

ただ、人がほんらいの姿に目覚めていく、その究極の姿。

当時、佐藤健さんの没入は異色の行動でしたが、

今それが多くのビジネスパーソンに注目されるものになりつつある。

そりゃ、誰もが禅僧になるわけではないし、なる必要もないけれど。

確実に、大きく、静かに、なにかが動き始めている。

その足音が聞こえてきています。

(てんせい)
=================================
ビジネス・リーダーシップで活かすマインドフルを深めるために、
毎月勉強会「マンスリーMiLI」を開催中。
次回2014年1月25日(土)の詳細はこちら