社会と会社を変えるマインドフルリーダーシップ®社会と会社を変えるマインドフルリーダーシップ®

一般社団法人 マインドフルリーダーシップインスティテュート一般社団法人 マインドフルリーダーシップインスティテュート

f

リサーチ・脳科学

マインドフルネスとアンチエイジング

2013.12.27

cliff-flower2
最近マインドフルネス関連のリサーチで話題になっているのが、マインドフルネス瞑想を行うと、テロメアが長持ちし、アンチエイジングにつながる、というものです。
これは、2009年カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校の研究者らがAnnals of the New York Academy of Scienceに発表した論文(詳細はこちら)と、カリフォルニア大学デービス校が行った「Shamasa Project」(詳細はこちら)、いずれもがテロメア体を長く強固にすると述べています。

テロメア体とは、染色体の端にあって細胞の再生が行われる際の劣化を防ぐといわれ、アンチエイジングには重要な要素です。このテロメアが短くもろくなると、染色体も傷つき、健康な細胞の再生が行われなくなり、老化が進む、と言われています。

心身のストレスはテロメアの劣化を促進することがわかっていますが、マインドフルネスのトレーニング(今・ここ、呼吸に意識を留めて静かに座る)を行うことで、テロメアの劣化、ひいてはエイジングを緩やかにする。

***********************************

MiLIでは科学とエビデンスに基づいたアプローチを重視しており、このような研究発表を常にチェックしています。
しかし、それと同時に重要なのは、体験的・主観的にQOL(クオリティ・オブ・ライフ)や意思決定のクオリティ、精神的なスタミナなどに、我々がお勧めする教えが貢献できるかどうか。

加速度的に増えている、科学的なサポートに加え、主観的・体験的レベルでの答えも、大きなYES!であり、それは私たち以外の多くの経験者から聞くことです。
マインドフルネスは健康で長生きにつながるうえに、充実した・生産的な長く健康な人生にもつながる、と。

幸いなことに、マインドフルネスの科学的立証はここ数年で大きな広がりを見せており、今後もマインドフルネストレーニングの必要性は説得力を持ってくるでしょう。

SIYLI設立者のチャディ・メン・タンとマーク・レサーも、実践者・講師としての研鑽に加えて、この科学的な裏付けを重要視しています。
彼らのその思いは、MiLIのこちらのビデオリソース「TED Precidio」でご覧いただけます。

(ぼくら しゃふぇ きみこ)

=================================

ビジネス・リーダーシップで活かすマインドフルを深めるために、 毎月勉強会「マンスリーMiLI」を開催中。

次回2014年1月25日(土)の詳細はこちら