社会と会社を変えるマインドフルリーダーシップ®社会と会社を変えるマインドフルリーダーシップ®

一般社団法人 マインドフルリーダーシップインスティテュート一般社団法人 マインドフルリーダーシップインスティテュート

f

導入事例

企業導入事例:「自分の怒りがコントロールできるようになった」

2014.04.09

 

マインドフルリーダーシップインスティテュートの荻野です.

 

 

先日のマインドフルネスワークの企業導入事例としてご紹介した

企業(サービス業の某上場企業)の事業部長の方2名に、

マインドフルワークの続けてみての変化をインタビューさせてもらいました。

 

雑誌やテレビにもよく特集されているいま伸び盛りの企業様です.

 

お二人の事業部長とも、日宇々のマネジメントの中での効果を実感されています.

 

 

◆事業部長Aさんのお言葉

「部下や他部署の部長から、『変わりましたね』と言われることが

最近多いのです。

いままでは、部下に対して、カチンとなって、頭ごなしに怒ってしまう

ことが多かったのですが、いまは、『この場面は怒ったほうがいいのかな』

と自分自身を振返ることができるようになっています。

あと、いろいろな場面で、目の前の事象にただ反応することが多かった

のですが、『これはどういうことだろう。どのように対応したら、最善

なのか』と問いかけることができるようになってきました。」

 

 

◆事業部長Bさんのお言葉

「なるべく家で最低15分間瞑想をするようにしています.

ただ、日々の業務が忙しいので、出来ないこともあります.

そのような日は、通勤のときの電車の中で、瞑想しています.

ワークを続けることによって、不思議なのですが、周囲の人に

対する感謝の念が湧いてきたり、普段の部下とのコミュニケーション

で優しい気持ちのままで接することができています.」

 

 

◆SIYプログラムでの基本プロセス

マンスリーMiLI(毎月のマインドフルリーダーシップセミナー)でよくお話

していることですが、SIYで紹介されているSIYトレーニングの基本プロセスは、

以下の3つのプロセスを辿っていき、マインドフルネスを自分の心身に

インストールしていくというものです。

 

「注意力・気づきの力(アテンション)の開発」

「自己認識力(セルフアウェアネス)・思考プロセスをマスター」

「新たな思考習慣の創造」

(さらに、「注意力・気づきの力(アテンション)の開発」と続く)

 

 

まさに、インタビューをさせてもらった事業部長のお二人は、

マインドフルワークによって、ご自身のアテンション、セルフアウェアネス

が高まり、自分自身のよりよい思考習慣を身につけ、マインドフルな

状態でマネジメント、リーダーシップを発揮し、日々の業務のパフォーマンス

が上がってきています。

 

 

「マインドフルなリーダーが増えれば、日本の企業が、そして、日本が変わる」

そんな想いが確信できたインタビューでした.

 

また、これからの企業の導入事例をレポートしていきますね、

 

お楽しみに!!

 

 

 

==================================

4~5月のセミナー

4/24 マンスリーMiLI 7

【 感情を観察し、行動を最適化する 】

 

5/13 マンスリーMiLI 8

【 マインドフルコーチング ~シャールトン・ギトー博士を迎えて~ 】

 

5/29

【 マインドフルリーダーシップセミナーin名古屋 】

 

================================

マインドフルネストレーニングの成果を検証する

【MiLIチャレンジ】 参加者募集中

詳細・お申し込みはこちら