社会と会社を変えるマインドフルリーダーシップ®社会と会社を変えるマインドフルリーダーシップ®

一般社団法人 マインドフルリーダーシップインスティテュート一般社団法人 マインドフルリーダーシップインスティテュート

f

リサーチ・脳科学

明晰なマインドに値段はつけられないーーインテルのマインドフルネスプログラム始動

2014.04.29

A-woman-relaxing-in-an-in-001

人材担当の方たちと話をしていると、「で、この研修のROIとかありますか?」「データは?」という話になります。マインドフルネストレーニングは欧米では徐々にメインストリームになりつつあるものの、日本での認知はこれから。ですから、当然の疑問と言えるでしょう。

幸いにビジネス上の能力に関連するデータや実績が、グローバルに見ると出てきています。

そこで、今日は今年4月8日theguardian.comの記事を要約して以下ご紹介します。

=================================

ハイテクの巨人が世界の従業員に向けてマインドフルネスプログラムを開発。しかし数値的な投資対効果の証もないままで、どう進めていくか?

グーグル、ツイッター、メディアムといった会社が、デジタル情報でぐちゃぐちゃになりストレスに満ちた状態から、明晰で目的意識のある状態にする方法として、呼吸法、メディテーション、内観などマインドフルネステクニックを使うことを推進している。

しかし、このようなスポットライトの外で、この分野で最も歴史ある会社の一つが、静かにそのプログラムをかつてない規模で拡大するプランを立てていた。エンジニア部門のマネジャー自身がイニシアティブをとり、2年間、カリフォルニアとオレゴンの2か所でお忍びのプログラムを実施した後、インテルはこの9週間のマインドフルネスプログラムを世界63か国、10万人を超える従業員に受けられるように決めたのである。

「これは大躍進をもたらすでしょう」オレゴン州ヒルスボローのマネジャーで、ポートランドのコンサルタントAnakha Comanと共にAwake@Intelを設立した、Lindsay Van Drielは言う。

グーグルのエンジニアで、グーグル社のマインドフルネスとエモーショナルインテリジェンスのSearch Inside Yourselfコースを共同制作した、チャディ・メン・タンにも助言を求め、科学者とエンジニアを主に対象とし、イノベーション、率直さ、可能性志向、リスクテイク、迅速な決断といったインテルの価値に沿って、創りだされたものである。

最初のセッションの前に参加者は何を改善したいかを決める。最初の1か月間は心を静かにすることと、エモーショナルインテリジェンスを学ぶ。コースの最終部分では、マインドフルリスニングを身につけ、Brene Brownの脆弱性がイノベーションへもたらす影響について探究したり、Otto Scharmerの集合的マインドフルネスの概念について議論したりする。参加者は毎週、前の週に学んだことからの気づきや経験をシェアする₋―たとえば、「衝動」から「選択」にどう変更できたかなど。

「能力や役職を超えて、人々はより正直に人間関係をつくるようになる。だからリアルなアイデアのやりとりが出来て、共に何かを生み出せる状態になる。会社に入った途端つけがちな仮面が取れるように。」とComanは言う。

現在までにパイロットプログラムに参加した1,500人の従業員の間では、注目に値する結果が出ている。プログラムの前と後での自己評価で、ストレスと余裕のなさについて平均2ポイント(10ポイント評価で)減少し、幸福と元気(Well-being)では3ポイントも増加、そして新しいアイデアや気づき、心の明晰さ、クリエイティビティ、集中力、職場の人間関係の質、会議、プロジェクト、チームのやる気などでも2ポイントの増加となった。

このような十指に入るトップカンパニーが明確な投資対効果の数値なしに、なぜこれほど大きなプログラムに投資することを決定したのか?

このプログラムによる従業員間の人間関係づくりの改善やチーム力の改善と同時に、メディテーションの健康への効果に関する科学的調査を見せることにフォーカスした、とVan Drielは述べる。

「参加者の何ページにも及ぶフィードバックをみせれば、このプログラムの有効性について否定することはできないだろう。」

「(このプログラムで学んだことを応用して)『技術的な問題を今までより2週間短く解決できるようになった』というエンジニアがいる。それは間違いなく収益化につながるから。」と彼女は言う。 (原文はKristine A. Wongによる)

======================================

このケースのように、企業内部ですでにマインドフルネスを実践し高い効果を感じているマネジャーが、情熱をもって周囲を説得し、パイロットプログラムが生まれ、企業全体にマインドフルネスのプログラムが拡がるーーというのを私は多く見てきました。SIYがGoogle、SAP、LinkedIn、各大学などで採用されたのも同じきっかけです

日本の組織でマインドフルネスを実践されている皆さま。そしてそれを組織に拡げたいとお考えの皆様。ぜひMiLIにご連絡いただき、更なるステップを創造していきませんか?

(ぼくらしゃふぇきみこ)

=================================

MiLI5月のセミナーご案内5/13 マンスリーMiLI 8

【 マインドフルコーチング ~シャールトン・ギトー博士を迎えて~ 】

5/26【マインドフルリーダーシップセミナーin大阪】http://mindful-leadership.jp/seminar/0416-741/

5/29【 マインドフルリーダーシップセミナーin名古屋 】

================================

Search Inside Yourself (SIY)10月11・12-13日
SIYLI CEOマークレサー氏とグーグルのマインドフルネスプログラムが
日本にやって来る! 詳細はこちら

マインドフルネストレーニングの成果を検証する【MiLIチャレンジ】

参加者募集中詳細・お申し込みはこちら