社会と会社を変えるマインドフルリーダーシップ®社会と会社を変えるマインドフルリーダーシップ®

一般社団法人 マインドフルリーダーシップインスティテュート一般社団法人 マインドフルリーダーシップインスティテュート

f

Google

今日からメディテーションを始める科学的20の理由

2014.06.26

~これを知るものはこれを好むものに如かず これを好むものはこれを楽しむものに如かず~  孔子

Asilomar Pathway

マインドフルネスと学術的なリサーチを網羅的にまとめた記事、といえば、下に紹介する「Psychology Today」のものが筆頭に浮かびます。

「マインドフルネスの効能効果について、良い資料はありませんか?」と尋ねられた場合も、この記事をご紹介しています。

ありがたいことに、日本でもマインドフルネスへの認知が高まる中、ある意味「基本に戻る」こともよいのではと思い、この日本語訳をご紹介します。それぞれの実証となるリサーチへのリンクもご案内。(リサーチは英語及び一部を除き全文は有料)

改めて、一人でも多くの皆様と楽しんでマインドフルネスメディテーションを実践していくために、ご参考にしていただければ幸いです。まずは1日10分から!

=======================================

今日からメディテーションを始める科学的20の理由(2013年9月11日Psychology Todayより)http://www.psychologytoday.com/blog/feeling-it/201309/20-scientific-reasons-start-meditating-today?tr=MostViewed
調査により実証されたメディテーションの効果。

【健康促進】
1-免疫機能を高める(こちらこちら
2-痛みを鎮める(参照リサーチ

3-炎症を細胞レベルで抑える(参照リサーチはこちらこちらこちら

【幸福感促進】
4-ポジティブな感情を増進(参照リサーチはこちらこちら
5-うつを抑える(参照リサーチ
6-不安症を抑える(参照リサーチはこちらこちらこちら
7-ストレスを緩和する(参照リサーチはこちらこちら

【人間関係を良くする】
8-人間関係を拡げ、EI(感情的能力)を高める(参照リサーチはこちらこちら
9-思いやりある人になる(参照リサーチはこちらこちらこちら
10-寂しさを減らす(参照リサーチ

【自己コントロール促進】
11-感情の制御力を高める(参照リサーチ
12-内省する力を高める(参照リサーチ、なぜこれが非常に重要かはこちら

【脳を変える】
13-灰白質を増やす(参照リサーチ
14-感情の調整、ポジティブな感情、自己コントロールなどに関わる部位の量を増やす(参照リサーチはこちらこちら
15-注意力に関わる部位の皮質の厚さを増やす(参照リサーチ

【生産性向上(そう、瞑想という何もしない行為で)】
16-集中と注意力を高める(参照リサーチはこちらこちらこちらこちら
17-マルチタスクの能力を高める(参照リサーチ
18-記憶力を高める(参照リサーチ
19-想像力を高め、型にとらわれない考え方を増進する(リサーチャーの紹介ページ
20-そして、1~19の相乗効果として、あなたを賢明(WISE)にする

=======================================

これから始めてみようと思っておられる方、マインドフルネスメディテーションの各種ビデオで、すぐに始められます。また、こちらのブログ記事「マインドフルネスをはじめよう:実践のコツ」もご参考に。

また、マンスリーMiLIで既に経験済みの方は、ぜひ7週間のMiLIチャレンジに挑戦しましょう!

そして、マインドフルネスを脳科学的に知りたい方は、7月24日マンスリーMiLI「マインドフルネスの脳科学」でお会いしましょう!

楽しんで実践する仲間、MiLIでは引き続きお待ちしています。

(ぼくらしゃふぇきみこ)

PS: 大好評完売のSIYコアプログラムですが、7月18日岡山でSIYイントロセミナーを行います。詳細・お申込みはこちら