社会と会社を変えるマインドフルリーダーシップ®社会と会社を変えるマインドフルリーダーシップ®

一般社団法人 マインドフルリーダーシップインスティテュート一般社団法人 マインドフルリーダーシップインスティテュート

f

よくある質問

マインドフルネスとは?

世界的に最も良く用いられているのは、MITのジョン・カバット・ジン博士による次の定義です。
「今の瞬間に意図的にかつ判断・批判なく注意を向けことで浮かぶ意識の状態」(the awareness that arises through paying attention on purpose in the present moment non-judgmentally)
更に端的に言うと、意識をしっかりと今・ここに向けて、クリアに物事を認識すること。マインドフルネスを継続することで、ストレス軽減や免疫力、集中力の向上、アンチエイジングの可能性などが科学的に検証されるようになってきています。

何分やれば効果が得られますか?

ペンシルバニア大学Jha Amishi博士らによる調査では、12分以上のマインドフルネス瞑想を8週間行った被験者に記憶力とその対処の仕方への向上が見られました。またわずか10分間のマインドフルネス瞑想を2週間行った結果、大学院入試の文章題の結果が16%向上した、という調査も出てきています。(UCサンタバーバラ Michael D. Mrazek他 2013年)
これらから、MiLIでは1日10分またはそれ以上のマインドフルネス瞑想と、それに加えて日常の行動(歩く、話を聞く、歯磨きをするなど)をマインドフルに行う、ということをお勧めしています。
しかし、一番重要なのは、1分でも2分でも、また深呼吸を数回でも、継続できる範囲であきらめずに続けていただくということです。

何をするのが一番効果が期待できますか?

科学的な検証が進んでいることから、MiLIではマインドフルネス瞑想をお勧めしています。またそれに加えて、日常の行動をマインドフルに行うことで、特定の状況でなくとも心身を整えた状態が取り戻しやすくしていきます。その際重要なのは、ご自分が継続しやすいことや環境を見つけることです。
マインドフルネス瞑想、散歩、座禅に参加する、ヨガ、などもマインドフルネスを高めることになります。

マインドフルネスはビジネスやリーダーシップと 何の関係があるのですか?

アップル社スティーブ・ジョブスやU理論のピーター・センゲ、フォード自動車会長ビル・フォード、日本では松下幸之助や井深大、稲盛和夫など優れたリーダーが瞑想を日課としてきたことは以前から知られていました。近年のマインドフルネスの研究によって、その理由として次のようなことが挙げられます:
・自己管理・ストレス管理力を高める
「経営学の父」ピーター・ドラッカーは21世紀のリーダーに一番必要なのは、
自己管理能力であると言いました。マインドフルネスは自己認識力を高め、
自分の情動・体調などを認識し、ストレスを軽減することが確認されています。
・社会的能力とリーダーシップを高める
マインドフルネスと関連付けられるのが、共感性と社会的能力です。
組織をゴールに向かって導くための基礎能力といえるでしょう。
・作業記憶と集中力を高める
・様々なスキルの基本となる「メタ・スキル」を開発する
変化が速く、先の見えないビジネスにおいて、
答えのない状況から答えを見出すためには、
どんどんと新しいスキルを追加するのではなく、
氾濫する情報を客観的に処理し、今あるスキルや能力を
最大限に引き出す能力が求められます。
ハーバード大学、UCバークレー、コロンビア大学と言った名門ビジネススクールでもマインドフルネスを授業として採用するのは、厳しいビジネスの世界で、重要な決定を的確に行うために明晰な思考が必要だから。そして組織を変革するために、自分らしさを保ち続けながら、人を動かす必要があるあから。マインドフルネスは、それらのための有効な方法として認められているからです。

日本の禅や仏教とどう違うのですか?

MiLIでお伝えしているマインドフルネスも現在Googleなど各社で拡がっているマインドフルネス研修も、特定の宗教・信念によらない中立な能力開発法です。
マインドフルネス瞑想法の原型は仏教の修行法から来ているため、スティーブ・ジョブスをはじめ、禅を取り入れたリーダーは多いのですが、一般に言われるマインドフルネスはそこから宗教的教義を外して、科学的、あるいは理論的に説明できるものとしています。ですから無宗教、あるいは別の宗教の信仰があっても、マインドフルネスを問題なく取り入れることができます。

1 / 212