社会と会社を 変える マインドフルリーダーシップ

一般社団法人 マインドフルリーダーシップインスティテュート一般社団法人 マインドフルリーダーシップインスティテュート

f

コンパッション

共感を超えて―思いやり(コンパッション)がリーダーシップを進化させる(その2)

2017.12.15

その1 コンパッションとは?に続いて、

その2 なぜビジネス・リーダーシップにコンパッション?

についてお話しましょう。  (ぼくらしゃふぇきみこ)

==============================

コンパッションのビジネスケース

「思いやりのある人になれって言われても、道徳の授業じゃあるまいし。。。」

日々競争の厳しい世界にいると、コンパッションと言われてもそれは競争力を損なうのではないか、スピードを緩めることになるのではないか、という懸念もあるでしょう。

そこで、会社の第一原則を「コンパッション」として、生き馬の目を抜くITビジネスで成功している会社がある、と言ったら、どうでしょうか?

会社の資産価値が3兆円を超えるLinkedIn社の第一原則は「コンパッション」であり、マインドフルネスを積極的に取り入れていることでも知られています。

Jeff Weiner

そのLinkedIn社のCEOジェフ・ウェイナーは、コンパッションの経営の結果、「従業員から最も尊敬されるCEO」に選ばれただけでなく、LinkedIn社の業績を大きく伸ばした、若くして伝説のCEOなのです。

彼はコンパッションについて、次のように力強く述べています。

「組織の価値を最も高めるのは、意思決定のクオリティとスピードであり、信頼とコンパッションを培う経営においては、そのクオリティとスピードが高まる。コンパッションのない組織では、不信とお互いの腹の探り合いに無駄な労力を要し、競争社会で多大な遅れと損失を被る。」
「コンパッションはソフトスキル、ニューエイジ的、と言われるがそれは全く違う。真のコンパッションを持つリーダーは、最も強く、自分が何者かを知り、自信にあふれている。」

人間には成長したい、学びたいという本能的な望みがあります。それに応え、100%相手に向き合い、同じゴールに向かって切磋琢磨することもコンパッションです。その結果、自信を持って働いている、そんな組織の基盤がコンパッションでもあるのです。

ビジネスとコンパションについては、SIYのチャディー・メン・タン氏も、彼のTED Talkズバリ「Googleは毎日思いやりがある」で、コンパッションによって、より大きな目的と理想に向かって業績を上げているGoogleの様子を力強く語っています。

日本人にとってコンパッションあるリーダーシップとは「学ぶ」のではなく「立ち戻る」もの

そして日本でも、社員やコミュニティの支持を受けビジネスを持続されている組織では、同じく人を大切にするというDNAが脈々とあるのではないでしょうか。

日本人にとって、コンパッションのリーダーシップは、「学ぶ」のではなく「立ち戻る」ものなのかもしれません。
そして、これまでの「こうあるべき」論から、より人間の自然の在り方にそった、セルフコンパッションも含め、自分に正直かつ人に優しいという進化したリーダーの可能性がそこにあるのです。

そして、マインドフルネスに次いで、コンパッションとコンパッションの瞑想もその健康への恩恵や、認知力、モチベーションへの科学的効果検証が進んでいる分野なのです。

※写真はOxford Handbook of Compassion Study コンパッションに関する多くの信頼性の高い論文・リサーチがまとめられています。

 

 

 

 

 

前ページ:その1 コンパッションとは?
次ページ:その3 コンパッションとマインドフルネスの切っても切れない関係

================

4月21・22日 AWARE(アウェア)マインドフルネスXコンパッションX神経科学
ハリファックス博士、藤田一照氏、中野民夫氏、藤野正寛氏を迎えてAWARE(アウェア)コンパッションのリーダーシップ日本初開催!
詳細・お申込はこちら

マインドフルネスXコンパッションX神経科学 そしてハリファックス博士の力強いコンパッションのあり方――この上ない豊かな学びの経験をお見逃しなく!

2018年1月19日(金)マンスリーMiLI@東京

「“書くマインドフルネス”で新年のビジョンを描く~ジャーナリングの科学と実践~」
ご好評いただいている吉田の最新著書『「手で書くこと」が知性を引き出す』。

改めて、手軽に行える実践法であるジャーナリングの科学を学び、ジャーナリングを使って2018年のあなたのビジョンを明確化します。
詳細・お申込はこちらから https://mindful-leadership.jp/seminar/3220.html

3月10日・11日(土・日) サーチインサイドユアセルフ(SIY)コアプログラム

グーグルで生まれ世界のリーダーが実践する 脳科学とマインドフルネスの能力開発メソッド

更なるアップグレードを何度も図り、遂に日本でも10回目の公開セミナーとなります。

28日間フォローアッププログラム、ビフォア・アフタ―の検証など、2日間のセミナーを超えてしっかり身に着けるためのパワフルなプログラムです。

詳細・お申込はこちらhttps://mindful-leadership.jp/siy/

MBCC(マインドフル・コーチング)基礎コース第5期(2018年4月スタート)
※既に満席となっており、キャンセル待ち受付中です

詳細・お申込はこちらhttps://mindful-leadership.jp/mbcc/