社会と会社を 変える マインドフルリーダーシップ

一般社団法人 マインドフルリーダーシップインスティテュート一般社団法人 マインドフルリーダーシップインスティテュート

f

マインドフルネス関連のご質問

マインドフルネス瞑想を実践する際に呼吸に意識して行うのはなぜ?

2017.12.21

マインドフルネス瞑想は、何百とある瞑想方法の中でも、心身を落ち着けて認知力とメタ認知力を培うことを意図されています。マインドフルネス瞑想で、呼吸を気づきの対象とするのは、次のような主な理由があります。

◇起きている時も、寝ている時も、仕事している時も、自分がどんな状態であっても、生きている限りいつでもどこでも自分と共にあるという、安定した存在である。

◇同時に、1回1回微細な差があり、初心者から経験検者まで、認知力を鍛える上でいろいろな気づきの要素がある。

◇呼吸を意識することで、副交感神経優位となりやすく心身が落ち着く

例えば、心を落ち着けるために音楽などを使うことも有効ですが、認知的には呼吸を意識し続けることは、それよりもさらにハードルが高く、そのチャレンジがマインドフルネスの鍛錬となるのです。また身体的に見ても、副交感神経優位にスイッチを切り替えるのに有効であることは、呼吸の大きな特徴です。