社会と会社を 変える マインドフルリーダーシップ

一般社団法人 マインドフルリーダーシップインスティテュート一般社団法人 マインドフルリーダーシップインスティテュート

f

各種ワークショップ

【NEW!】マインドフルランニングリトリート開催:11月9~11日@富士山周辺

2018.08.17

トレイルランニング+メディテーション+ワークショップ

=マインドフルランニングリトリート

〜感じる知性の封印を解く3日間〜

 

脳科学の発達により、脳を活性させる有効なツールの一つとしても注目をさせてきたマインドフルネスですが、脳を鍛えるための方法として、有酸素運動にも注目がされています。

特に山の中に入り、山道(トレイル)を走りながら、坂を上がり下がりするトレイルランニングは、まさにいまここの注意力を求められ、マインドフルネスの時間に浸り、注意力と認知力を鍛えられると考えられています。

また、森林などの自然の中に入り時間を過ごすことも、心身を整える効果があります。

このたび、MiLIでは、マインドフルネスとトレイルランニングを組み合わせた「マインドフルランニングリトリート」を富士山周辺の豊かな自然の中で企画しました。

2泊3日で、トレイルランニング、メディテーションを繰り返しつつ、マインドフルネスのワーク&レクチャーを体験することで、頭と心身の各側面から、人生や仕事に対して、Ready(準備万端)な状態をConditioning(調整)していきます。

宿泊は、富士山頂上から駿河湾(海抜0m)までの稜線を一望できる日本でも有数の眺望である約20000坪のプライベートな敷地内にあるマインドフルなリトリート施設です。

 

 

 

 

【日時】11月9~11日(金、土、日)

【集合】11月9日(金)15:00 新富士駅

【解散】11月11日(日)16:00 新富士駅

【宿泊先】日月倶楽部:https://www.hitsuki-club.com/index.html

〒418-0108 静岡県富士宮市猪之頭2271

【参加費】65,000円(税抜)(税込70,200円):

宿泊費(2泊6食分計38,000円税込)は別途、参加者各自にて現地精算。

【参考情報】

1)リトリートでのトレイルランニングの走行距離ついて:

1日で約10km〜20km程度を走ることを予定してしています。走行時は、約1時間毎に休憩(またはメディテーション)をとります。参加人数によっては、参加者の体力、経験に応じて、走行する距離や強度のグループ分けをする予定です。基本的には、トレイルランニングやマラソンの経験者、普段よりランニングを習慣にされている方を想定しています。

2)持参する装備品
トレイルランニング用のシューズが必須です。また、トレイルランニング用のバックパックや給水用のボトルなど一般的にトレイルランニング時に必要な装備品の持参が必要です。トレイルランシューズ、バック、レインウェア等はレンタル可能です。別途お申し込みの方にはご連絡します。

3)食事

食事もヘルスコンシャスなコンディショニングにかなうメニューを予定しています。ベジタリアン、ビーガンなどのご希望については、別途お問い合わせください。

4)宿泊施設の部屋割り

基本は男女別の二人部屋での割り振りとなります。お一人でのご参加の場合、参加者同士の相部屋となります。マインドフルネス、トレイルランに興味のある感度の高い参加者同士のコミュニティづくりもお楽しみください。

5)リトリートスケジュール(予定)

詳細は別途アップ予定。

初日(11月9日):新富士駅にて集合後、専用ワゴン車にて宿泊施設(日月倶楽部)へ移動。ランニングまたはオリエンテーション&チェックインのあと、夕食。その後、ワークショップ、就寝。

2日目(11月10日):起床し、メディテーションの後、朝食。その後、コースオリエンテーションのあと、トレイル(里山ルート、富士山中腹ルートを検討中)へ出発。数時間のランニングのあと、宿泊施設へ戻り、昼食。休憩後、ワークショップ、メディテーション。夕食をとり、そのあとワークショップ、就寝。

3日目(11月11日):起床し、メディテーションの後、朝食。その後、コースオリエンテーションのあと、トレイル(富士山を眺めるルートを検討中)へ出発。数時間のランニングのあと、宿泊施設へ戻り、昼食。休憩後、ワークショップ、メディテーション。チェックアウト後、専用ワゴン車にて新富士駅へ送迎、解散。

 

◆お申し込みはこちらから

 

◇リトリートファシリテーター:荻野淳也(MiLI 代表理事) 

慶応大学卒、外資系コンサルタントやベンチャー企業のIPO担当や取締役を経て、リーダーシップ開発、組織開発の分野で、一部上場企業からベンチャー企業までを対象にしたコンサルティング、トレーニング、エグゼクティブコーチングに従事。ミッションマネジメント、マインドフルリーダーシップ、マインドフルコーチングという軸で、リーダーや組織の本質的な課題にフォーカスし、リーダーや組織の変容を支援している。Googleで開発されたSIYの認定講師。トレランは主にハセツネなど50〜100キロのレースをマインドフルに楽しんでいる。合気道初段。

 

◇トレイルコースガイド:角田周一、夫津木学(ホールアース自然学校)

角田 周一(すみた しゅういち)

ホールアース自然学校執行役員。社内マネジメントの他、自然を生かした企業研修を主に担当。
トレイルランニングやアドベンチャーレース、ロゲイニングなどのアウトドアスポーツを20代から実践。2017年MiLI主催のSIY受講者。

 

夫津木 学(ふつき まなぶ)

ホールアース自然学校所属。自然学校スタッフとして、1年を通じて富士山エリアの自然を楽しみながら、登山ガイドとして富士山・八ヶ岳などの登山ツアーを実施。2017MiLI主催のSIY受講者。トレイルランニング、ケイビング、カヤック、マウンテンバイクなどのアウトドアスポーツ×マインドフルネスを富士山麓で実践中。