社会と会社を 変える マインドフルリーダーシップ

一般社団法人 マインドフルリーダーシップインスティテュート一般社団法人 マインドフルリーダーシップインスティテュート

f

MBCC

【大阪開催】12月4日(火)開催:共感コミュニケーション~マインドフルな面談が会社を変える~

2018.09.25

共感コミュニケーション -企業編-

~マインドフルな面談が会社を変える~

 

毎回満員御礼のマインドフルコーチング・プログラム<MBCC>から生まれた、マインドフルネスを日常会話で活かす”共感”の実践力養成セミナー。

18年間、企業のコミュニケーション課題に携わってきて、多くの職場でマネジメント層が抱える共通の障害があると感じています。部下との質の高い面談を阻む障害、それは・・・

 

時間がない ⇒ 上司が部下に関心を向けられない
情報がない ⇒ お互いの置かれている状況や強み、弱みを共有できていない
手順がない ⇒ 時間をかけなくても手軽に実行できる方法を知らない

共感コミュニケーションでは、マインドフルネス(今ここで生じていることへの注意深さ)を基盤にして、自己理解と他者理解、さらには他者適応への実践力を磨きます。今回は共感コミュニケーションを支える要素のうち、基本となる3つのアプローチ(行動心理学に裏づけられた人それぞれの思考と行動の分類・マインドフルネスを十二分に携えた人との関わり方・”無知の知”にもとづく面談)をご紹介します。

職場における日ごろのなにげないコミュニケーションから評価面談、会議など、あらゆる側面ですぐに実践していただけるヒントを、持ち帰っていただけると思います。部下とのコミュニケーションを改善したいマネジメント層の方はもちろん、同僚や後輩とのコミュニケーションにも役立てていただけるので、すべてのビジネスパーソンにおススメします。

 

~吉田典生(MBCCファウンダー、MiLI理事)~

==================================

◇日時:2018年12月4日(火)19:00-21:00

【会場】関西大学 梅田キャンパス 会議室701

〒530-0014
大阪市北区鶴野町1番5号 (7階)

<アクセス>
http://kandai-pensee.co.jp/umeda-shisetsu/


【参加費】5000円

 

【内容】

・上司と部下の間にあるコミュニケーションの問題を科学する

・多様な思考・行動スタイルに対応するには

・マルチタスクによる注意障害がもたらしているもの

・注意力の安定化と強化のための”アテンショントレーニング”

・マインドフルリスニングの実践

・共感コミュニケーションの実践

・”難しい相手”とのコミュニケーション改善のヒント

 

お申込みはこちら

 

◇講師

吉田典生(よしだ・てんせい)

MBCCファウンダー、MiLI理事。ビジネス・ブレークスルー大学大学院オープンカレッジ講師。企業経営者や管理職のコミュニケーションとリーダーシップを支援するコーチ、組織コミュニケーション変革のコンサルティングとファシリテーターを生業とする。著書に10万部超のベストセラー『なぜ、「できる人」は「できる人」を育てられないのか?』(日本実業出版社)、他多数。

 

 

 西村慶子(にしむら・けいこ)

MBCC基礎コース修了(1期生)、MBCC応用コース修了(1期生)、PCC(国際コーチ連盟プロフェッショナル認定コーチ)

MBCCの前身であるCCC(コアコンピテンシーキャンプ)を通してグローバル基準のコーチングを学んだ後、MBCC基礎および応用コースの第1期を修了。2015年にオフィスを開設して、オリジナルプログラムのスクールを開校。一般社団法人ジャパンコーチラーニングアソシエーション(JCLA)共同創設者、理事。